ブログ

「在宅医療・福祉早期体験学習」(実習)を開講しました(2017/08/31)2017/10/04 07:10:25

平成29年度 NICEキャンパス長崎 前期コーディネート科目
「在宅医療・福祉早期体験学習」

 

日 時:平成29年8月23日(水)〜25日(金)
場 所:長崎大学 薬学部 5階研修室
履修年次:1年次以上(低学年次)
実習施設:長崎市内・長与町内の地域包括支援センター(10ヵ所)、
訪問看護ステーション(7ヵ所)、診療所(2ヵ所)
参加学生:合計16名
     【長崎大学】〈計5名〉
       薬学部薬学科(5名)
     【長崎県立大学】〈計3名〉
       看護栄養学部看護学科(3名)
     【長崎国際大学】〈計8名〉
       薬学部薬学科(4名)健康管理学部健康栄養学科(2名)人間社会学部 社会福祉学科(2名)

 

概 要:本実習は、医療・保健・福祉・介護等の学科を専攻している学生が、
    大学・学部間の垣根を越えて、地域の訪問看護ステーションや診療所の
    施設担当者とともに在宅療養者宅への同行を行うことを通し、
    在宅療養支援の実際を知ることで多職種協働によるチームアプローチの
    重要性を考えてもらうことを目的とする。
    また、「地域包括ケアシステム」の中心的役割を担う
    地域包括支援センターの実務を学ぶことを通し、
    将来自分たちの職務の対象となる人々の医療・保健・福祉・介護等を取り巻く
    環境を知り、その人の必要とするニーズに適切に対応するための意識や
    ケアマネジメントの具体的方法を多職種協働によるチームアプローチ
    から考えてもらうことを目的とする。
    さらに、他学部生とのグループによる共同作業を通して、
    多職種協働による在宅がん医療・緩和ケアの専門教育に対する
    学びの動機付けを行うことがねらいである。